skip to Main Content
日本最初のお茶の記録

日本で最初のお茶の記録が登場するのは、『日本後紀』という歴史書です。この本によれば、平安時代初頭の弘仁6年(815)4月22日、嵯峨天皇は近江国(現在の滋賀県)を訪問しました。この時、梵釈寺の僧侶である永忠が、嵯峨天皇に茶を進めています。これが確認できる、日本最初の喫茶の記録です。永忠は中国へ留学していた僧侶であり、中国の珍しい飲み物としてお茶を紹介したのでしょう。

The First Record of Tea in Japan

The earliest record of tea in Japan is in Nihon Kôki, an official history of the ninth century. According to this book, Emperor Saga visited Ômi-no-kuni, contemporary Shiga prefecture, in early summer 815. He was welcomed at Banshaku-ji, a Buddhist temple, and served a cup of tea by Eichû, who had recently returned from China. He may have offered tea as an exotic foreign beverage.

新茶 / Tea Leaves
茶葉 / Tea Leaves
Back To Top
×Close search
Search